5月27日にリリースするファーストアルバム

「ひざまくら」の試聴用動画で御座います

9月10日、小浜まちの駅・旭座で

帰郷公演をさせて頂きました。

そのPVで御座います。

坂田佳子オフィシャルサイト© 2016 by Keiko Sakata the Singer

TITLE
TITLE

I'm a paragraph. Click here to add your own text and edit me. Let your users get to know you.

TITLE

生い立ち  

幼少期から感受性が強く 小学生低学年くらいから「人はなぜ生まれてきて、なぜ死ぬんだろうか」と毎晩考え込んでは泣いているような子供でございました。

 衣食住、身の回りのものは全て手作りする母親が作ったものを目にする度、母が死んでしまったら、この残されたものはどうなるの?と胸苦しく、母がこの世から居なくなっても想い出だけが残るとゆう事実に耐えられず、作ってもらった服や鞄などを捨てるような子供でございました。とくに夜が怖くて朝まで起きている子供でございました。

共に芸術性を世間から評価されるようになり、描いた絵に色彩感覚を評価され、NHK全国コンクールで優勝。TVで表彰されました。その時頂いたランプは未だにアタシを照らしてくれてます

そして

小学生高学年から非行が始まり、学校では手に終えないくらい暴れる毎日。 その時の担任の教師は未だ私の事を心配して下さっているらしいです。

嗚呼……かたじけございません。
好きになった人に絵付きで「あぁ……私を抱いてください」とゆうお手紙書いてあちらのお母様に見られ、うちの母が「ちょっとあなたのとこのお子さん普通じゃないですよ!」と注意うけておりました。

 

中学に入った頃には毎晩深夜、家の窓から裸足で抜け出し、当時付き合っていた年上の彼の家で明るくなるまで過ごすようになりました。父に見つかった時に、追いかけ回され、はじめてほっぺたを叩かれました。 家の2階の屋根の瓦の上を逃げ回った記憶がございます。

正に猿でした。

 「坂田」と言ったら知らない人はいないくらい父は市内でも有名でしたので「うちには娘は居ない!」と外で言われておりました。 母は習字とお琴の師範をしており毎日着物を着ているような上品な淑女でございましたので「こんなお下品な子、誰から生まれてきたのかしら(涙)」と毎日言われておりました。

 

 高校に入ると目立つ!生意気!とゆう理由だけでしょっちゅう呼び出され集団暴行されたりしました。笑

高校ではラグビー部の美人マネージャーをしておりました。 ころころ彼氏を変えていた記憶がございます。 付き合うとすぐに気持ち悪くなってしまい振ってしまうとゆう歪んだ恋愛気質でした。 校内でもイケメンとされる男を何人も泣かせて参りました。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now